先日、某数万規模の市役所上級試験を受けてきました。

二次試験で集団討論があり、内容は「人口減少対策」についてです。

まず、会議室に受験生10人グループで呼び出され
各自にアルファベットが記載されたプレートが配布されます。

そして、アルファベット順に入室します。
各々の席にはメモ用紙2枚が置かれていました。

5分ほどで集団討論のお題に沿った自分の主張をまとめ
一人づつ、その場でまず1分ほど発表。

その後、60分間10人で話し合い
最後にテーマに沿った解決策をまとめるという内容でした。

その際に、司会役、書記役などの役割を決める必要もないと言われ
各自が挙手で意見を述べ、全員で意見をまとめていく形式でした。

しかし、60分あっても10人の意見は中々まとまりません。

発言しない人と、発言する人の差が激しく
結論は抽象的なものとなってしまいました。

集団討論は良い意見を述べたとしても、発言時間が長過ぎたり、話の流れを無視したものであれば減点されます。

そのような癖がある人は、必ず集団討論の模擬面接を受けるべきです。
ジョブカフェでは7月ごろに開催しています。

全体の話の流れを把握し、簡潔に自分の意見を述べる。
時間の終わり際に、これまで話し合った内容を簡潔にまとめて発言する。

この2点が重要です。これはテキストを読んでいるだけで身に付くものではありません。
経験を重ねていくしかないのです。

模擬試験が時期的にない場合は、受験仲間で1つのテーマを限られた時間で話し合うことも有効です。

関連キーワード
公務員試験攻略の関連記事
  • 市役所の筆記試験が教養だけの場合、どこを鍛えるべきか
  • 半年で市役所上級試験に合格した勉強法 2018年版
  • 独立行政法人の非公開求人を知る方法
  • 公務員を目指している方は要注意~スーパー公務員を目指してはいけない~
  • 現役公務員に志望動機添削や勉強法を聞くことができるサービス
  • 市役所の筆記試験直前にできること
おすすめの記事
公務員が仕事で抱えるジレンマ
公務員の仕事
昨年C日程で市役所に合格した元管理人に、市役所職員の仕事をする上で感じたやりがいや不満点を聞いてみました。 元管理人 私はこのブログを平成2...
30歳で北海道庁に合格した知人の話
合格体験記
平成27年度の北海道庁教育行政に30歳で合格した知人がいたので、その人に話を聞いてみた。 その知人は東京の私立大学(早慶レベル)を卒業後、北...
公務員試験攻略
本日、平成26年度の市役所上級筆記試験を受けてきました。 私が受けた自治体は10万人程度の地方都市です。 昨年までは専門試験の配点が200点...