市役所が絶対欲しい!と思う社会人の自己PR術

一見、社会人は新卒と比較して公務員試験では年齢が不利と思われがちである。

それでも、アルバイトやサークル、ボランティアではなしえない
社員としての経験・スキルが身についている。

その社員としての経験・スキルを上手に表現できれば、
新卒枠を多少減らしてでも、社会人経験者を採用したいと
思わせることができる。

詳しくはyoutubeでも音声を上げたので
聞いて欲しい。

例えば、コールセンターで勤務経験がある人の場合の自己PR例。

保険の見積もりで
お客様のクレームが発生した場合

クレームの内容は見積もり額が他社より高いという内容だが
見積もり額が高いだけで、怒鳴るほど人が怒ることはない
つまり、別の要因でこの人の怒りの矛先が自社に向かっていることを
念頭に置いた上で対処する。

まず、真摯に謝って誠意を伝える
他社との見積額の違いを聞く

次に、自社のネット申し込み割引を使えば
他社より若干安くなることを伝えて

スマホのもうしみ操作方法を教える
そのとき、教えてくれる息子がいないという言葉を聞いて

息子さんが寂しいという愚痴を聞く

自分も真摯に対応して
スマホで申し込みを完結させるという
対応を行った。

そのお客さんから大変感謝されて
また私から更新の申し込みをすると言われました。
こういうPRできたら

あ、窓口でほしいって
思いませんか?

このPRは絶対に新卒にはできません。

この事例のように、努力した結果ではなく
過程を実体験を用いて伝えることで
最強の自己PRになります。

よく勘違いしている学生が
NPO団体を立ち上げて、これまで人を集めたと豪語してPRすることがありますが
自慢げに語ることもNG

ちょっと恋愛に似ています。
俺これだけすごいんだぜとごりごりで行くよりも
公務員の選考試験においては

実体験を用いて、相手があなたが持つ
魅力を論理的に納得できる
エピソードを話すことです。

関連キーワード
面接対策の関連記事
  • 面接・論文対策~最前線の市職員から見た「これからの地方行政のあり方」~
  • 市役所が絶対欲しい!と思う社会人の自己PR術
  • 市民のために精一杯働くことをアピールしても意味ない?
  • 【中途採用対策】銀行、証券業界から政令指定都市に転職する時の志望動機添削例
  • 市役所事務職(初級)は実体験に基づいたエピソードで攻める
  • 縁もゆかりもない役場の志望動機と自己PRを魅力的にする添削事例
おすすめの記事
公務員試験攻略
国家2種の配点が公表された時、 教養科目と専門科目では後者の配点のほうが高く、 地方上級、市役所上級もそれに追随して専門重視の自治体が多いと...
公務員試験攻略
事務職上級の専門試験は政治、法律科目全般(政治学、会計学、社会政策、社会学、国際関係、憲法、行政法、民法、刑法、労働法)と経済科目全般(経済...
不合格体験記
今回は、Sという 石川県庁に落ちた友人の勉強法について 書いていきます。 Sは地元の信用金庫に勤務していたのですが サービス残業、薄給に耐え...