私の友人にも1人います。

サラリーマンをやめて、公務員試験に集中している人が

公務員試験に集中できる反面

公務員試験に落ちたら後がない

ということで

まさに背水の陣

プレッシャーに弱い人には耐えられないと思います。

しかし、私はそれも

決して悪くないと思っています。

なぜなら、職種、勤務地さえこだわりがなければ

公務員試験なんてたくさんあるので

何回も、何十回も

チャンスはあるからです。

例えば、神奈川県のチャンレジ枠、東京都庁、国税、地方上級、市役所A日程、B日程、C日程

消防士、警察官

他に、準公務員として

国立大学法人、独立行政法人、財団法人など

探すと、公務員対策を生かせる試験って

ものすごく多いんです。

なので、もし第1希望に落ちたとしても

他の公務員試験に生かす事ができるので

決して、背水の陣という

過酷な状況ではないと思います。

最近は大阪府、神奈川県を筆頭に

民間志望者でも受けられるように

簡単な筆記試験あるいは筆記試験免除で

論文と面接のみという公務員試験も増えてきました。

しかし、そこでは学歴、経歴、資格など

これまで培ってきたキャリアが見られるので

筆記試験の点数だけが取り柄ならば

筆記重視の公務員試験に集中したほうが得策です。

関連キーワード
公務員試験攻略の関連記事
  • 半年で市役所上級試験に合格した勉強法 2018年版
  • 独立行政法人の非公開求人を知る方法
  • 公務員を目指している方は要注意~スーパー公務員を目指してはいけない~
  • 現役公務員に志望動機添削や勉強法を聞くことができるサービス
  • 市役所の筆記試験直前にできること
  • 市外の人が有利になる市役所試験が増加している
おすすめの記事
憲法
公務員試験において、コストパフォーマンス つまり、勉強時間が少ない割に 得点になりやすい科目ですが それは、第一に 憲法です。 憲法は問題が...
経済
専門試験は全てが単なる暗記科目で 数的推理、判断推理と比較すると、勉強量に比例して簡単に点数が伸ばせる。 しかし、経済だけは 微分やグラフ分...
公務員試験攻略
私は先日の記事で 専門科目はほとんど暗記科目と述べた。 しかし、これは まる覚えしろという意味ではない。 経済や民法を少し学習した人はわかる...
公務員試験攻略
極端な人は スー過去の演習だけで 公務員試験を乗り切った話を聞きます。 実際、公務員試験は選択問題ばかりなので 問題演習あるのみ!という考え...