過疎地域の定住希望者は自治体の試験で有利になる?


ある自治体職員に聞いたところ、
同じ自治体を志願している受験者の中
主に中山間地域など過疎地域に定住を希望している人を
優遇することを検討していると言っていた。

なぜなら、平成の大合併によって多くの町、村が
市に吸収合併された結果、山間部の町、村に住んでいた職員が市の中心地に引っ越している
という事態が発生しているからである。

このままでは、市内の過疎地域に定住している職員がいなくなると
過疎地域と合併した市町村は嘆いている。

特に、広域合併した地方の市町村が該当する。

逆にその状況を利用して
「私は里山振興に興味がありますので、市内でも中山間地域に定住し、市民交流を深めコミュニティを活性化させたいと考えています」
と発言すると、面接時に加点される可能性がある。

志望する市町村の状況を考えた上で
相手が求めている要望に自分が合致しているとアピールすることは効果的である。

関連キーワード
面接対策の関連記事
  • 【中途採用対策】銀行、証券業界から政令指定都市に転職する時の志望動機添削例
  • 市役所事務職(初級)は実体験に基づいたエピソードで攻める
  • 縁もゆかりもない役場の志望動機と自己PRを魅力的にする添削事例
  • 民間から市役所に転職を成功させた私の添削事例を紹介
  • 市職員の醍醐味(だいごみ)とは「予算の獲得」
  • 現役市職員が語る「学生時代頑張ったこと・これまで頑張ったことのPR方法」
おすすめの記事
比較的難易度が優しい自治体はあるか
悩み相談
Q、現在公務員から公務員の転職を考えていますOと申します。  サイトで北陸の自治体が挙げられていますが、比較的難易度が優しいところがあったり...
市と県の違いはどこにあるか
面接対策
市と県どちらを受けるべきか悩んでいる受験生は多いと思う。 ところが、ウェブサイトやパンフレット、職員のインタビュー記事を読んでもいまいち両者...
数的推理
私は数的推理が 大の苦手だ。 英語は大学受験のときに頑張ったので、文章理解はある程度解けるが 数的推理は 問題を見て愕然とするしかなかった。...
不合格体験記
今回は、Sという 石川県庁に落ちた友人の勉強法について 書いていきます。 Sは地元の信用金庫に勤務していたのですが サービス残業、薄給に耐え...