面接は評価基準が曖昧で
どう返答すれば合格基準に達するのか分かりづらい。

そこで、今年度4月に出版された
こちらの参考書をお勧めしたい。

特にPART1 面接の基礎&シミュレーションは大変ためになる
普通の公務員面接対策書は
志望動機の良い例、悪い例、面接マナーなどを掲載しているにすぎないが

こちらの参考書は、ある受験生の模擬面接を実況中継のように掲載している。
返答に対する面接官の指摘事項が掲載されており、実際に模擬面接を受けているかのような
訓練ができる。

これだけで自分の態度、外見は改善できないが
返答に求められている論理力を鍛えることができる。

例えば、労働基準監督署の職員を希望しているのに、具体的にやりたい仕事などを細かく追求すると
曖昧な返答になってしまうパターンが掲載されている。

その際に、面接官が本気度を確かめるために問いつめていくシーンがある。

自分が志望している職種の志望動機と自己PR、具体的にやりたい仕事など
全てが一貫していないと、面接官に見透かされてしまうことが分かる。
面接特有の対策法が事前に把握でき、独学者にはうってつけである。

なお、具体的な志望動機、自己PRの校正は
→こちらのオンライン講座の指導を受けた上で行った。

関連キーワード
面接対策の関連記事
  • 市民のために精一杯働くことをアピールしても意味ない?
  • 【中途採用対策】銀行、証券業界から政令指定都市に転職する時の志望動機添削例
  • 市役所事務職(初級)は実体験に基づいたエピソードで攻める
  • 縁もゆかりもない役場の志望動機と自己PRを魅力的にする添削事例
  • 民間から市役所に転職を成功させた私の添削事例を紹介
  • 市職員の醍醐味(だいごみ)とは「予算の獲得」
おすすめの記事
公務員試験攻略
私の友人にも1人います。 サラリーマンをやめて、公務員試験に集中している人が 公務員試験に集中できる反面 公務員試験に落ちたら後がない とい...
面接対策
一次の筆記試験を通過すると 次は個別面接が必ず控えています。 公務員は筆記試験で大勢がふるいに落とされるので 民間と比較して、面接を甘く見が...
公務員試験攻略
今年は市役所事務職上級職を3つ受けました。 その結果、どの教養試験においても頻出の問題があることがわかりました。 特に理科系科目は出題範囲が...