市役所上級の面接を受けた人は1つ疑問に思っていると思う。

いつ受験者の採点をしているのか・・?と

小さい都市や役場になるほど傾向が顕著に現れてくるが

特に面接途中で採点をする様子もなく、次々と受験生を呼び面接を継続する。

こんなに立て続けに面接して、正確に受験生の採点ができているのか・・・?

答えは、正確に採点はしていない

もちろん、全ての自治体がそうだと断言はできないし、正確に採点しようとする自治体もあるだろうが・・・

議員の推薦、身元調査、学歴、職歴、面識の度合いなど・・

それらを総合的に計ることで
既に何人かは合格させようと確定している。

半分コネ枠で半分実力枠なんて噂を聞く自治体もあるが

10分の面接で把握できることは限られている。

身元が分かっていて問題を起こす心配がない人を雇うのは至極合理的なことなので
いわゆるコネ枠(知り合い枠?)はなくならないだろう。

これは二次試験が人対人の試験なので仕方ない。

では、面接対策が意味がないのかと言うと

そうではない。

なぜなら、実力枠はちゃんとあるからだ。

人脈がない場合、コネを気にしていてもやる気をなくすだけなので、
とにかく自分を一番売り込めるように面接対策をするしかない。

関連キーワード
面接対策の関連記事
  • 市役所が絶対欲しい!と思う社会人の自己PR術
  • 市民のために精一杯働くことをアピールしても意味ない?
  • 【中途採用対策】銀行、証券業界から政令指定都市に転職する時の志望動機添削例
  • 市役所事務職(初級)は実体験に基づいたエピソードで攻める
  • 縁もゆかりもない役場の志望動機と自己PRを魅力的にする添削事例
  • 民間から市役所に転職を成功させた私の添削事例を紹介
おすすめの記事
市役所が絶対に欲しがる人材とは
公務員の仕事
市役所は仕事が多岐にわたり、絶対的に求める人材はよくわからない。 しかし、本日インタビューしたある市の職員が受験生に大変役立つ助言をしてくれ...
面接対策
本日、知り合い経由で 元市役所 採用面接を担当していた方に 採用の基準や秘訣などの話を聞く事ができました。 面接は人物重視だから、対策なんて...
公務員試験攻略
公務員試験は膨大な試験範囲になるので 勉強時間を増やすことはもちろん 無駄な勉強法は絶対にしてはならない。 無駄な勉強法とは以下のもの 1、...