市役所上級の面接を受けた人は1つ疑問に思っていると思う。

いつ受験者の採点をしているのか・・?と

小さい都市や役場になるほど傾向が顕著に現れてくるが

特に面接途中で採点をする様子もなく、次々と受験生を呼び面接を継続する。

こんなに立て続けに面接して、正確に受験生の採点ができているのか・・・?

答えは、正確に採点はしていない

もちろん、全ての自治体がそうだと断言はできないし、正確に採点しようとする自治体もあるだろうが・・・

議員の推薦、身元調査、学歴、職歴、面識の度合いなど・・

それらを総合的に計ることで
既に何人かは合格させようと確定している。

半分コネ枠で半分実力枠なんて噂を聞く自治体もあるが

10分の面接で把握できることは限られている。

身元が分かっていて問題を起こす心配がない人を雇うのは至極合理的なことなので
いわゆるコネ枠(知り合い枠?)はなくならないだろう。

これは二次試験が人対人の試験なので仕方ない。

では、面接対策が意味がないのかと言うと

そうではない。

なぜなら、実力枠はちゃんとあるからだ。

人脈がない場合、コネを気にしていてもやる気をなくすだけなので、
とにかく自分を一番売り込めるように面接対策をするしかない。

関連キーワード
面接対策の関連記事
  • 【中途採用対策】銀行、証券業界から政令指定都市に転職する時の志望動機添削例
  • 市役所事務職(初級)は実体験に基づいたエピソードで攻める
  • 縁もゆかりもない役場の志望動機と自己PRを魅力的にする添削事例
  • 民間から市役所に転職を成功させた私の添削事例を紹介
  • 市職員の醍醐味(だいごみ)とは「予算の獲得」
  • 現役市職員が語る「学生時代頑張ったこと・これまで頑張ったことのPR方法」
おすすめの記事
公務員試験攻略
事務職上級の専門試験は政治、法律科目全般(政治学、会計学、社会政策、社会学、国際関係、憲法、行政法、民法、刑法、労働法)と経済科目全般(経済...
公務員が仕事で抱えるジレンマ
公務員の仕事
昨年C日程で市役所に合格した元管理人に、市役所職員の仕事をする上で感じたやりがいや不満点を聞いてみました。 元管理人 私はこのブログを平成2...
公務員試験攻略
先日、某数万規模の市役所上級試験を受けてきました。 二次試験で集団討論があり、内容は「人口減少対策」についてです。 まず、会議室に受験生10...