公務員試験は29歳まで、ほぼ全ての自治体の上級試験を受ける事ができる。

しかし、新卒枠と既卒枠が予め決められており、大体新卒枠6割、既卒枠4割といった具合になっている。

しかも、新卒よりも既卒のほうが受験者数が多い。

つまり、既卒は大勢で限られた枠を奪い合う形となっている。

そのため、新卒と既卒では面接対策法が異なってくる。

具体的には、新卒は大学やバイトで学んだこと、公務員を志望した理由をアピールをするだけでも合格する可能性があるが

既卒の場合は志望理由と経歴に一貫性がないといけない。

金融業界にいたのに、なぜ公務員に転職希望なのか?
なぜ公務員でないといけないのか?

これらの理由にはっきり答え、自分の職歴(経歴)と公務員を志望した理由に一貫性がないと採用されない。

*さらに、土木などの専門職は実務経験、資格も要求される場合あり

その点、臨時職員の経験が数年ある方は採用されやすい傾向がある。

北陸の某K市では、臨時職員の職歴を持つ既卒の方が高確立で採用されている。

やはり、既に窓口業務を経験しており、本採用しても
トラブルを起こす、退職する、鬱になるといった可能性が少ないためであろう。

新卒はそれらの点において採用してみないとわからないので、
既卒でも臨時職員をやり遂げた方は、人事担当者にとって魅力的に写る。

もし、あなたがフリーターであり、バイトしながら公務員を目指すつもりなら

臨時職員になってみるのもいいかもしれない。

実際に公務を経験して、なお本採用を志望しているなら
経歴にも一貫性があり、志望理由に説得力があるからだ。

関連キーワード
面接対策の関連記事
  • 市役所が絶対欲しい!と思う社会人の自己PR術
  • 市民のために精一杯働くことをアピールしても意味ない?
  • 【中途採用対策】銀行、証券業界から政令指定都市に転職する時の志望動機添削例
  • 市役所事務職(初級)は実体験に基づいたエピソードで攻める
  • 縁もゆかりもない役場の志望動機と自己PRを魅力的にする添削事例
  • 民間から市役所に転職を成功させた私の添削事例を紹介
おすすめの記事
よそ者は市役所採用試験で不利なのか
面接対策
日程が重ならない自治体受験を予定している人は多い。 しかし、縁もゆかりもない市に合格できるか不安に感じていると思う。 よそ者は市役所採用試験...
短期退職者が市役所試験に合格する方法
公務員試験攻略
今日は私の知人である変わり者の事例を取り上げる。 彼は昨年度ある市役所の正職員に新卒採用されたが、 やはり自分の地元の市役所(過疎地域と呼ば...
市役所面接官も驚く自己PR
面接対策
市役所の面接官の心に刺さるほどの 良い自己PRは、市役所の現場がわかっている人の話を聞くと うまく作ることができる。 そこで、今回は多くの市...
公務員試験攻略
本日、平成26年度の市役所上級筆記試験を受けてきました。 私が受けた自治体は10万人程度の地方都市です。 昨年までは専門試験の配点が200点...
公務員試験攻略
今年の公務員試験を受けてわかったことだが 市役所上級(事務職)の筆記試験で文学が出題されることはなかった。 歴史などの社会科目はもちろん出題...
ご挨拶
現在25歳。 様々な業種を経験してきたけど 自分の住んでいる地方では 公務員の世間体が良いし 自分も30以降 体を壊さずに今の仕事やって...