公務員試験は29歳まで、ほぼ全ての自治体の上級試験を受ける事ができる。

しかし、新卒枠と既卒枠が予め決められており、大体新卒枠6割、既卒枠4割といった具合になっている。

しかも、新卒よりも既卒のほうが受験者数が多い。

つまり、既卒は大勢で限られた枠を奪い合う形となっている。

そのため、新卒と既卒では面接対策法が異なってくる。

具体的には、新卒は大学やバイトで学んだこと、公務員を志望した理由をアピールをするだけでも合格する可能性があるが

既卒の場合は志望理由と経歴に一貫性がないといけない。

金融業界にいたのに、なぜ公務員に転職希望なのか?
なぜ公務員でないといけないのか?

これらの理由にはっきり答え、自分の職歴(経歴)と公務員を志望した理由に一貫性がないと採用されない。

*さらに、土木などの専門職は実務経験、資格も要求される場合あり

その点、臨時職員の経験が数年ある方は採用されやすい傾向がある。

北陸の某K市では、臨時職員の職歴を持つ既卒の方が高確立で採用されている。

やはり、既に窓口業務を経験しており、本採用しても
トラブルを起こす、退職する、鬱になるといった可能性が少ないためであろう。

新卒はそれらの点において採用してみないとわからないので、
既卒でも臨時職員をやり遂げた方は、人事担当者にとって魅力的に写る。

もし、あなたがフリーターであり、バイトしながら公務員を目指すつもりなら

臨時職員になってみるのもいいかもしれない。

実際に公務を経験して、なお本採用を志望しているなら
経歴にも一貫性があり、志望理由に説得力があるからだ。

関連キーワード
面接対策の関連記事
  • 面接・論文対策~最前線の市職員から見た「これからの地方行政のあり方」~
  • 市役所が絶対欲しい!と思う社会人の自己PR術
  • 市民のために精一杯働くことをアピールしても意味ない?
  • 【中途採用対策】銀行、証券業界から政令指定都市に転職する時の志望動機添削例
  • 市役所事務職(初級)は実体験に基づいたエピソードで攻める
  • 縁もゆかりもない役場の志望動機と自己PRを魅力的にする添削事例
おすすめの記事
民法
法律系科目の中でも 一番負担が大きい民法。 スー過去でも、民法Ⅰ、民法Ⅱと分かれていて 膨大な問題量になっている。 大学2、3年から対策して...
民法
この勉強法は誇張でもなく、本当に15日で民法を合格者レベルまで押し上げてしまいます。 私が身を以て成果を出すことができたので、その勉強方法を...
面接対策
本日、知り合い経由で 元市役所 採用面接を担当していた方に 採用の基準や秘訣などの話を聞く事ができました。 面接は人物重視だから、対策なんて...
公務員試験攻略
本日、平成26年度の市役所上級筆記試験を受けてきました。 私が受けた自治体は10万人程度の地方都市です。 昨年までは専門試験の配点が200点...