市役所面接官が社会人を採用する決め手とは

現役公務員が実際に市役所の面接を受けた上で
経験したことを語っている。

その中でも、採用面接官が重視すべきは
「キャリア(職歴)と主張に一貫性があること」と述べている。

その考えを踏まえておかないと
いくら素晴らしい志望動機を述べても、面接官に自分の良い面が伝わらず
不合格となるので、動画で確認して欲しい。

新卒は志望動機と自己PRがしっかりできていれば
市役所の面接で
答えに困るような難しい質問をされる可能性は低い。

しかし、社会人の場合は職歴がある分
面接官はただ仕事が嫌で転職を重ねている人なのか、
キャリアップをしてきた上で市役所を目指している人なのか
確認しなければならない。

また、実際に培ってきた能力を確認するために
企画力を試す質問(一見答えに困るような質問)をする可能性も高い。

そのため、社会人は自分だけで
志望動機や自己PRを考えるだけでなく
第3者に確認してもらうことが必須である。

独りよがりで自分の魅力が伝わらない文章になっていることが良くあるので。

また、ジョブカフェなどで無料で面接対策を実施しているので
予備校で面接対策をしていない社会人は
必ず受けるべきである。


第3者から見て、面接でもその人のキャリアや主張に
一貫性があるか確認してもらう必要があるからである。

関連キーワード
面接対策の関連記事
  • 【中途採用対策】銀行、証券業界から政令指定都市に転職する時の志望動機添削例
  • 市役所事務職(初級)は実体験に基づいたエピソードで攻める
  • 縁もゆかりもない役場の志望動機と自己PRを魅力的にする添削事例
  • 民間から市役所に転職を成功させた私の添削事例を紹介
  • 市職員の醍醐味(だいごみ)とは「予算の獲得」
  • 現役市職員が語る「学生時代頑張ったこと・これまで頑張ったことのPR方法」
おすすめの記事
経済
事務の専門科目で必ず出題される 経済の計算問題。 経済学部以外の学生からすると、未知の記号ばかりで 計算の解法を覚えるのに一苦労します。 そ...
裏技
私の周りにも 1人、筆記試験なしで公務員になった方がいます。 筆記試験がないので 面接や作文のみということです。 つまり、公務員の筆記試験に...
経済
専門試験は全てが単なる暗記科目で 数的推理、判断推理と比較すると、勉強量に比例して簡単に点数が伸ばせる。 しかし、経済だけは 微分やグラフ分...