本日、知り合い経由で

元市役所 採用面接を担当していた方に

採用の基準や秘訣などの話を聞く事ができました。

面接は人物重視だから、対策なんてしなくていいと言う意見もありますが

それは、絶対間違いです。

なぜなら、公務員試験といえど、面接官にアピールする時間は限られているので

その時間内に、自分の魅力を最大限伝わるように工夫しなければ受からないからです。

そうはいっても・・・

独学最大のデメリットは

添削者がいないことです。

そのため、市役所の志望動機や面接カードの記入

さらに、面接での受け答えの練習が

中々できません。

予備校でも面接模試などを行っていますが

予備校で他の授業を受講していないと、模擬面接が受けられなかったり、日程が限られていて

独学者には厳しい面があります。

そこで、大阪府庁や市役所上級に最終合格した方などにも

独学でできる面接対策法を聞く事ができました。

さらに、私が発見した

公務員や準公務員(大学職員や独立行政法人)の非公開求人情報を知る方法もお知らせします。

ただし、あまり大勢の人に教えるなと

元採用担当者の方にもいわれましたので

購読者100名限定

メルマガにて配信することにしました。

元市役所採用面接官が語る採用の秘訣

私のブログをご覧になっている読者様へ

せっかくなら

さらに有益な情報を流したいので

早い者勝ちですが

公務員試験の情報を配信していきます^^

関連キーワード
面接対策の関連記事
  • 市民のために精一杯働くことをアピールしても意味ない?
  • 【中途採用対策】銀行、証券業界から政令指定都市に転職する時の志望動機添削例
  • 市役所事務職(初級)は実体験に基づいたエピソードで攻める
  • 縁もゆかりもない役場の志望動機と自己PRを魅力的にする添削事例
  • 民間から市役所に転職を成功させた私の添削事例を紹介
  • 市職員の醍醐味(だいごみ)とは「予算の獲得」
おすすめの記事
公務員試験攻略
事務職上級の専門試験は政治、法律科目全般(政治学、会計学、社会政策、社会学、国際関係、憲法、行政法、民法、刑法、労働法)と経済科目全般(経済...
公務員試験攻略
私は先日の記事で 専門科目はほとんど暗記科目と述べた。 しかし、これは まる覚えしろという意味ではない。 経済や民法を少し学習した人はわかる...