市役所の筆記試験直前にできること

今年の公務員試験A日程がいよいよ迫ってきた。

そこで、現役市職員が筆記試験の直前期に効果があった勉強法を紹介する。

基本的に、過去問を解きまくるという学習方法が
直前期には最も有効である。

なぜなら問題を解く勘が研ぎ澄まされるだけでなく
同様の問題が出る可能性もあるからだ。

暗記帳や講義形式の参考書は読みやすいが
それを読むだけでは、実際に問題を解くときに
簡単なひっかけ問題で誤答してしまったり、参考書で学習したことが正確に覚えてないことがある。

また、アレルギーを持つほど苦手な科目はやるべきでなく
解けそうだけど解けない問題を重点的に学習することで
本番は一点でも多く正答することができる。

もし、例年のボーダーに届かないとしても
市役所などの採用試験は人事の裁量によって基準点が大きく変動するため

諦めずに直前期まで勉強し
1点でも多く正答することが重要である。

関連キーワード
公務員試験攻略の関連記事
  • 市役所の筆記試験が教養だけの場合、どこを鍛えるべきか
  • 半年で市役所上級試験に合格した勉強法 2018年版
  • 独立行政法人の非公開求人を知る方法
  • 公務員を目指している方は要注意~スーパー公務員を目指してはいけない~
  • 現役公務員に志望動機添削や勉強法を聞くことができるサービス
  • 市役所の筆記試験直前にできること
おすすめの記事
憲法
公務員試験において、コストパフォーマンス つまり、勉強時間が少ない割に 得点になりやすい科目ですが それは、第一に 憲法です。 憲法は問題が...
市役所で愛される人材とは
公務員の仕事
市役所は民間企業と異なり、数値化しにくい仕事が多い。 そのため、頑張っても評価されるか不明だし、どのような人が上司から気に入られるかわからな...
不合格体験記
今回は、Sという 石川県庁に落ちた友人の勉強法について 書いていきます。 Sは地元の信用金庫に勤務していたのですが サービス残業、薄給に耐え...