今年の公務員試験A日程がいよいよ迫ってきた。

そこで、現役市職員が筆記試験の直前期に効果があった勉強法を紹介する。

基本的に、過去問を解きまくるという学習方法が
直前期には最も有効である。

なぜなら問題を解く勘が研ぎ澄まされるだけでなく
同様の問題が出る可能性もあるからだ。

暗記帳や講義形式の参考書は読みやすいが
それを読むだけでは、実際に問題を解くときに
簡単なひっかけ問題で誤答してしまったり、参考書で学習したことが正確に覚えてないことがある。

また、アレルギーを持つほど苦手な科目はやるべきでなく
解けそうだけど解けない問題を重点的に学習することで
本番は一点でも多く正答することができる。

もし、例年のボーダーに届かないとしても
市役所などの採用試験は人事の裁量によって基準点が大きく変動するため

諦めずに直前期まで勉強し
1点でも多く正答することが重要である。