今年の公務員試験を受けてわかったことだが

市役所上級(事務職)の筆記試験で文学が出題されることはなかった
歴史などの社会科目はもちろん出題されているが
暗記系の問題が減っている。

差が付くのは理科(特に物理、化学)と知能問題(数的など)だ。

しかも、一次試験の通過基準点が著しく低い。

ちなみに、北陸の某10万人都市は例年の一次試験通過点が6〜6割強だったが
今年度は5割5分という結果に。

5割程度であれば、国立出身の人はほぼ無対策でも取れてしまう。

ここだけの話
教養(200点)、専門(100点)、論文(50点)の一次試験の合計点が190点台の人は二次面接を通過し、最終合格している。

*コネ等の根回しがないことは確認済み

その方は市の臨時職員経験があったということもあるが
人物評価のウェイトが大きくなっている事に間違いない。

そのため、対策が不十分でも
市役所上級程度のレベルであれば合格する可能性は高い。

また、一次試験の基準点が下がっているということは
もちろん二次試験のウェイトが高まっているので
面接対策は必須である。

面接対策は前回の記事にも書いた通り
ジョブカフェで指導してもらうのが良い。

ジョブカフェならば、無料で添削してくれるので
お金がない人でも問題ない。
具体的な二次面接対策方法は
→二次面接を突破するには
を見て欲しい。

関連キーワード
公務員試験攻略の関連記事
  • 半年で市役所上級試験に合格した勉強法 2018年版
  • 独立行政法人の非公開求人を知る方法
  • 公務員を目指している方は要注意~スーパー公務員を目指してはいけない~
  • 現役公務員に志望動機添削や勉強法を聞くことができるサービス
  • 市役所の筆記試験直前にできること
  • 市外の人が有利になる市役所試験が増加している
おすすめの記事
合格体験記
今日は市役所上級に合格した人に話を聞く事ができたので その合格体験記を書こうと思う。 その人は大学4年のときに 国家一般職、市役所上級、国家...
民法
民法は法律系科目の中でも 最も難関だと感じている。 だから スー過去から演習してしまうと もう何度も解説を読み直してもわからなくて どつぼに...
公務員試験攻略
極端な人は スー過去の演習だけで 公務員試験を乗り切った話を聞きます。 実際、公務員試験は選択問題ばかりなので 問題演習あるのみ!という考え...