私は先日の記事で

専門科目はほとんど暗記科目と述べた。

しかし、これは

まる覚えしろという意味ではない。

経済や民法を少し学習した人はわかると思うが

覚えることが多すぎて

全部まる覚えなんて

常人では不可能。

そこで、多くの人が

俺、暗記科目得意じゃないから・・・といって

挫折してしまう。

それは暗記科目の学習法や捉え方を間違えているから

挫折してまうのだ。

経済にしろ、民法にしろ

人間が論理的に考えて作ったものなのだから

「流れ」を捉えることで

芋づる式に知識が引き出せるようになる。

つまり、AはBだとまる覚えするのではなく

Aは~~という理由があるから、Bになるんだ。と

流れを把握することが重要なのだ。

では、具体的に

専門試験において、この流れをどのように理解するかというと

実況中継シリーズなど

初学者向けの予備校の参考書を読むことが挙げられる。

実況中継シリーズ

これらの基本書は、全範囲を包括しているわけではないが

民法ではこう考えることで、未知の問題にも対処できるといった

基礎的な考え方を身に付けることに役立つ。

時間がある受験生は、いきなりスー過去から始めるよりも

こちらから始めた方が

燃え尽きなくて良いと思う。

ただし、1科目だけ例外がある。

それは、経済。

経済は数式を扱っているので

公式を証明する際に、ものすごく複雑な数式を扱わなければならないものがある。

その場合は、素直に公式をまる覚えするしかないので

注意しよう。

関連キーワード
公務員試験攻略の関連記事
  • 半年で市役所上級試験に合格した勉強法 2018年版
  • 独立行政法人の非公開求人を知る方法
  • 公務員を目指している方は要注意~スーパー公務員を目指してはいけない~
  • 現役公務員に志望動機添削や勉強法を聞くことができるサービス
  • 市役所の筆記試験直前にできること
  • 市外の人が有利になる市役所試験が増加している
おすすめの記事
よそ者は市役所採用試験で不利なのか
面接対策
日程が重ならない自治体受験を予定している人は多い。 しかし、縁もゆかりもない市に合格できるか不安に感じていると思う。 よそ者は市役所採用試験...
面接対策
市役所上級の面接を受けた人は1つ疑問に思っていると思う。 いつ受験者の採点をしているのか・・?と 小さい都市や役場になるほど傾向が顕著に現れ...
民法
民法は法律系科目の中でも 最も難関だと感じている。 だから スー過去から演習してしまうと もう何度も解説を読み直してもわからなくて どつぼに...