公務員試験の試験要項を見ると

教養試験だけでも
数的推理、判断推理、数学、物理、科学、地理、世界史、日本史、生物、地学、政治、経済

そして、専門試験は

民法、経済、刑法、憲法、行政法・・・

これ、実は公務員試験を難解に見せようと
悪意を持って作ったのではないかと思っています。

なぜなら、公務員試験を対策し始めた人は気付いていると思いますが

1科目ごとが浅いです。

市役所レベルの上級試験では
数学や理科なんて高1程度のレベルなので
ちょっと参考書を眺めただけで解ける問題なんてたくさんあります。

センター試験の1科目と
公務員試験の1科目では
質と量が全く違います。

公務員試験は高1程度の理科が出題される場合が多いので
科目数が多くても、いざ基本書や問題集を解き始めると
教養試験の問題もかなりわかってきます。

大学受験の経験者はいきなり過去問からやり始めても問題なかったりします。

しかし、スー過去などは問題量が膨大すぎて、挫折するので

読み物としても使える軽い過去問集である
こちらをお勧めします。

過去問集とは思えないほど
解説や問題の正誤添削が丁寧なので
がっつり勉強する姿勢がなくても、流し読み程度で過去問に触れる事ができます。

関連キーワード
公務員試験攻略の関連記事
  • 半年で市役所上級試験に合格した勉強法 2018年版
  • 独立行政法人の非公開求人を知る方法
  • 公務員を目指している方は要注意~スーパー公務員を目指してはいけない~
  • 現役公務員に志望動機添削や勉強法を聞くことができるサービス
  • 市役所の筆記試験直前にできること
  • 市外の人が有利になる市役所試験が増加している
おすすめの記事
30歳で北海道庁に合格した知人の話
合格体験記
平成27年度の北海道庁教育行政に30歳で合格した知人がいたので、その人に話を聞いてみた。 その知人は東京の私立大学(早慶レベル)を卒業後、北...