公務員試験の試験要項を見ると

教養試験だけでも
数的推理、判断推理、数学、物理、科学、地理、世界史、日本史、生物、地学、政治、経済

そして、専門試験は

民法、経済、刑法、憲法、行政法・・・

これ、実は公務員試験を難解に見せようと
悪意を持って作ったのではないかと思っています。

なぜなら、公務員試験を対策し始めた人は気付いていると思いますが

1科目ごとが浅いです。

市役所レベルの上級試験では
数学や理科なんて高1程度のレベルなので
ちょっと参考書を眺めただけで解ける問題なんてたくさんあります。

センター試験の1科目と
公務員試験の1科目では
質と量が全く違います。

公務員試験は高1程度の理科が出題される場合が多いので
科目数が多くても、いざ基本書や問題集を解き始めると
教養試験の問題もかなりわかってきます。

大学受験の経験者はいきなり過去問からやり始めても問題なかったりします。

しかし、スー過去などは問題量が膨大すぎて、挫折するので

読み物としても使える軽い過去問集である
こちらをお勧めします。

過去問集とは思えないほど
解説や問題の正誤添削が丁寧なので
がっつり勉強する姿勢がなくても、流し読み程度で過去問に触れる事ができます。

関連キーワード
公務員試験攻略の関連記事
  • 市役所の筆記試験が教養だけの場合、どこを鍛えるべきか
  • 半年で市役所上級試験に合格した勉強法 2018年版
  • 独立行政法人の非公開求人を知る方法
  • 公務員を目指している方は要注意~スーパー公務員を目指してはいけない~
  • 現役公務員に志望動機添削や勉強法を聞くことができるサービス
  • 市役所の筆記試験直前にできること
おすすめの記事
経済
専門試験は全てが単なる暗記科目で 数的推理、判断推理と比較すると、勉強量に比例して簡単に点数が伸ばせる。 しかし、経済だけは 微分やグラフ分...
短期退職者が市役所試験に合格する方法
公務員試験攻略
今日は私の知人である変わり者の事例を取り上げる。 彼は昨年度ある市役所の正職員に新卒採用されたが、 やはり自分の地元の市役所(過疎地域と呼ば...
公務員試験攻略
市役所、県庁は受験資格に出身地制限がない所がほとんどである。 だが、ネットの掲示板などでは縁もゆかりもない自治体を受けても二次試験で絶対落ち...
公務員試験攻略
私は先日の記事で 専門科目はほとんど暗記科目と述べた。 しかし、これは まる覚えしろという意味ではない。 経済や民法を少し学習した人はわかる...