今年は市役所事務職上級職を3つ受けました。

その結果、どの教養試験においても頻出の問題があることがわかりました。

特に理科系科目は出題範囲がかなり限定的です。


まず、生物の細胞は頻出です。これは3つの市ともに出題されました。
また、電気問題も頻出です。この問題も3つの市ともに出題。
そして、大気の露点に関する問題。これも必ず出題。

また、3つのうち2つの市は物理の基本的計算問題(重力加速度を考慮した物体落下問題)が出題されました。


高校科目全てを言われると、どこから対策すれば良いかわからなくなりますが
いくつか受けていると、理科系科目は出題範囲がかなり限定されていることがわかります。

どうしても時間がない場合は上記の範囲だけでも対策しておくべきです。
高確立で出題されますよ。

関連キーワード
公務員試験攻略の関連記事
  • 市役所の筆記試験が教養だけの場合、どこを鍛えるべきか
  • 半年で市役所上級試験に合格した勉強法 2018年版
  • 独立行政法人の非公開求人を知る方法
  • 公務員を目指している方は要注意~スーパー公務員を目指してはいけない~
  • 現役公務員に志望動機添削や勉強法を聞くことができるサービス
  • 市役所の筆記試験直前にできること
おすすめの記事
よそ者は市役所採用試験で不利なのか
面接対策
日程が重ならない自治体受験を予定している人は多い。 しかし、縁もゆかりもない市に合格できるか不安に感じていると思う。 よそ者は市役所採用試験...
数的推理
私は数的推理が 大の苦手だ。 英語は大学受験のときに頑張ったので、文章理解はある程度解けるが 数的推理は 問題を見て愕然とするしかなかった。...