市役所には事務職の他に専門職、技能職と呼ばれる採用区分がある。

そのうちの1つが土木・建築。

しかも、事務職、保険師、看護師、化学・・・など様々な採用区分の中でも
平均して倍率が最も低いのは土木・建築。

今年の7月に北陸の某A市に土木・建築で出願したところ、なんと倍率は1倍であった。

つまり、1人採用に私だけが応募したという状態。

それほど土木、建築の倍率は低いのである。

しかし、技能職の専門科目には都市計画、測量、積算など
独自の計算問題があり、それが大勢の受験生にとってネックになっている。

ところが、私が出願した某A市は教養試験と作文のみ。

作文についても事務職と同じ「行政と市民の防災における役割について」というテーマであった。

つまり、土木・建築を出願しても、筆記試験において専門知識を問う問題は出なかったのである。

また、私は最近流行の文理融合の学部にいたので、大学時代に少し建築設計に携わっただけで、土木に関する専門知識は皆無に等しい。

そのため、出願時に私の大学学部名が関連性のないものであったので、土木・建築職の出願で良いのかと総務課の担当者から電話があったが、大丈夫であると強引に押し通した。

一次試験は問題なく通過し、二次試験も集団討論、、作文は問題なかった。

そして、面接を迎えたのだが、その際に現場監督の実務経験はあるか

測量、積算の知識はあるかと聞かれた。

私はそれらの経験や知識はなかったので、素直にないと答えた。

結果、面接の雰囲気自体は良好であったが、不合格となった。

やはり、私の場合は既卒であるという点もあり
土木・建築に関する実務経験がない、土木に関する知識がないという点で不合格となってしまった。

しかし、大学で土木・建築関連の学部を卒業している人は
技能職といえど専門科目がない自治体があるので、場合は出願する価値がある。

その際には、専門知識があることと、実務経験がある点(土木の場合は測量や積算)をアピールすれば採用されると思う。

関連キーワード
公務員試験攻略の関連記事
  • 市役所の筆記試験が教養だけの場合、どこを鍛えるべきか
  • 半年で市役所上級試験に合格した勉強法 2018年版
  • 独立行政法人の非公開求人を知る方法
  • 公務員を目指している方は要注意~スーパー公務員を目指してはいけない~
  • 現役公務員に志望動機添削や勉強法を聞くことができるサービス
  • 市役所の筆記試験直前にできること
おすすめの記事
面接対策
一次の筆記試験を通過すると 次は個別面接が必ず控えています。 公務員は筆記試験で大勢がふるいに落とされるので 民間と比較して、面接を甘く見が...
資格は公務員試験において有利となるか
公務員試験攻略
行政職の試験において英語検定、簿記などの資格を所有していると有利となるか 結論からいうと、、、 それほど重視していない自治体が多い。 *学芸...
30歳で北海道庁に合格した知人の話
合格体験記
平成27年度の北海道庁教育行政に30歳で合格した知人がいたので、その人に話を聞いてみた。 その知人は東京の私立大学(早慶レベル)を卒業後、北...
経済
専門試験は全てが単なる暗記科目で 数的推理、判断推理と比較すると、勉強量に比例して簡単に点数が伸ばせる。 しかし、経済だけは 微分やグラフ分...
憲法
公務員試験において、コストパフォーマンス つまり、勉強時間が少ない割に 得点になりやすい科目ですが それは、第一に 憲法です。 憲法は問題が...