市役所には事務職の他に専門職、技能職と呼ばれる採用区分がある。

そのうちの1つが土木・建築。

しかも、事務職、保険師、看護師、化学・・・など様々な採用区分の中でも
平均して倍率が最も低いのは土木・建築。

今年の7月に北陸の某A市に土木・建築で出願したところ、なんと倍率は1倍であった。

つまり、1人採用に私だけが応募したという状態。

それほど土木、建築の倍率は低いのである。

しかし、技能職の専門科目には都市計画、測量、積算など
独自の計算問題があり、それが大勢の受験生にとってネックになっている。

ところが、私が出願した某A市は教養試験と作文のみ。

作文についても事務職と同じ「行政と市民の防災における役割について」というテーマであった。

つまり、土木・建築を出願しても、筆記試験において専門知識を問う問題は出なかったのである。

また、私は最近流行の文理融合の学部にいたので、大学時代に少し建築設計に携わっただけで、土木に関する専門知識は皆無に等しい。

そのため、出願時に私の大学学部名が関連性のないものであったので、土木・建築職の出願で良いのかと総務課の担当者から電話があったが、大丈夫であると強引に押し通した。

一次試験は問題なく通過し、二次試験も集団討論、、作文は問題なかった。

そして、面接を迎えたのだが、その際に現場監督の実務経験はあるか

測量、積算の知識はあるかと聞かれた。

私はそれらの経験や知識はなかったので、素直にないと答えた。

結果、面接の雰囲気自体は良好であったが、不合格となった。

やはり、私の場合は既卒であるという点もあり
土木・建築に関する実務経験がない、土木に関する知識がないという点で不合格となってしまった。

しかし、大学で土木・建築関連の学部を卒業している人は
技能職といえど専門科目がない自治体があるので、場合は出願する価値がある。

その際には、専門知識があることと、実務経験がある点(土木の場合は測量や積算)をアピールすれば採用されると思う。

関連キーワード
公務員試験攻略の関連記事
  • 市役所の筆記試験が教養だけの場合、どこを鍛えるべきか
  • 半年で市役所上級試験に合格した勉強法 2018年版
  • 独立行政法人の非公開求人を知る方法
  • 公務員を目指している方は要注意~スーパー公務員を目指してはいけない~
  • 現役公務員に志望動機添削や勉強法を聞くことができるサービス
  • 市役所の筆記試験直前にできること
おすすめの記事
民法
民法は法律系科目の中でも 最も難関だと感じている。 だから スー過去から演習してしまうと もう何度も解説を読み直してもわからなくて どつぼに...
公務員試験攻略
独学する上で 最も厄介なこと それは 解説を読んでもわからない問題に出会ってしまった場合だ。 特に、経済、数的推理、判断推理に そういった問...
公務員試験攻略
公務員試験はどこも29歳まで受けられるようになっている。 しかし、26歳以上のいわゆる高齢受験生は地方公務員試験において不利という情報がネッ...
公務員試験攻略
公務員試験の試験要項を見ると 教養試験だけでも 数的推理、判断推理、数学、物理、科学、地理、世界史、日本史、生物、地学、政治、経済 そして、...
市役所面接官も驚く自己PR
面接対策
市役所の面接官の心に刺さるほどの 良い自己PRは、市役所の現場がわかっている人の話を聞くと うまく作ることができる。 そこで、今回は多くの市...