学歴を気にする必要はない~美容系専門学校から事務職公務員になったお話~

市役所採用試験に学歴の縛りはない。

しかし、市役所職員というと、有名高校卒や大学卒の人だけが実際に合格しており
普通の偏差値の高校や、全く関係ない分野の専門学校を出た人は絶対に合格できないという風潮がある。

ところが、現実は違う。
市役所入ってみると、驚くべき経歴を持っている人がたくさんいる。

中には、美容師を目指す専門学校を出て、数年美容師を経た後に
市職員になった人もいる。

しかも、その職員は文系大卒の職員には持っていない感覚的なセンスが優れており
ポスター制作などの業務で役立っている。

その職員に試験に合格するまでの話を聞くと
忙しい美容室の業務の合間に相当勉強したようである。

学歴で周りに劣っていても
筆記試験でしっかり点を取り
これまでに培ってきた経験・技能が市役所業務に活かせることを
面接官に伝えることができれば、合格は十分可能である。

実際に、このような特殊な経歴を持つ人材を採用することで
実務の面でも企画等で多様な意見が出されるようになり
業務が円滑に進むことが多い。

受験生は面接官が思っている以上に学歴を気にしていることが多いが
実際に市役所に入ってみると、試験時に学歴があまり見られていないことに
驚くだろう。

それは、市役所の業務が年々多様化・複雑化し
いわゆる勉強に卓越した優等生を採用するだけでは
実務が円滑に回らないことを痛感しているからである。

関連キーワード
合格体験記の関連記事
  • 学歴を気にする必要はない~美容系専門学校から事務職公務員になったお話~
  • 転職回数が多い社会人が県庁に合格した面接術
  • 30歳で北海道庁に合格した知人の話
  • 教養試験の結果が最悪でも合格した人
おすすめの記事
公務員試験攻略
本日、平成26年度の市役所上級筆記試験を受けてきました。 私が受けた自治体は10万人程度の地方都市です。 昨年までは専門試験の配点が200点...
市と県の違いはどこにあるか
面接対策
市と県どちらを受けるべきか悩んでいる受験生は多いと思う。 ところが、ウェブサイトやパンフレット、職員のインタビュー記事を読んでもいまいち両者...
面接対策
一次の筆記試験を通過すると 次は個別面接が必ず控えています。 公務員は筆記試験で大勢がふるいに落とされるので 民間と比較して、面接を甘く見が...
短期退職者が市役所試験に合格する方法
公務員試験攻略
今日は私の知人である変わり者の事例を取り上げる。 彼は昨年度ある市役所の正職員に新卒採用されたが、 やはり自分の地元の市役所(過疎地域と呼ば...
公務員が仕事で抱えるジレンマ
公務員の仕事
昨年C日程で市役所に合格した元管理人に、市役所職員の仕事をする上で感じたやりがいや不満点を聞いてみました。 元管理人 私はこのブログを平成2...