現役市職員が語る「学生時代頑張ったこと・これまで頑張ったことのPR方法」

これまで頑張ってきたこと、学生時代に頑張ってきたことをPRする機会は多いだろう。

皆はこれまでの経験、そしてその経験の中で頑張って得たこと、
その得たことを仕事でどのように活かすかを語るだろう。

市役所ではコミュニケーション能力、調整力、忍耐力など
これまで頑張った経験から役立つ能力もあるが
それだけではない。

実は、人脈も仕事に役立つ大きな要素である。

例えば、あなたが企画部門、観光部門、企業誘致部門に配属された場合
前例のない業務に携わり、企画することになる。

そこではアイディアだけでは限界がある。

なぜなら、外部団体との人脈がないと事業がすぐ実行できないからだ。

例えば、企業誘致の部門に配属された場合
いきなり大企業に飛び込みもできないので、
人脈経由で企業訪問することになる。

企画部門では?
例えば空き家対策に配属された場合

改修・解体補助金だけではなく、
空き家の問題解決NPO法人と人脈があると
その法人と協定を締結し、斬新な政策立案をすることができる。

観光部門でももちろん役立つ。

これまで気づいてきた人脈が広い人は、それもアピールして
他受験生には実現できない費用対効果に優れた政策を立案できることを
イメージできるPRをしてはどうだろうか。

関連キーワード
面接対策の関連記事
  • 市役所が絶対欲しい!と思う社会人の自己PR術
  • 市民のために精一杯働くことをアピールしても意味ない?
  • 【中途採用対策】銀行、証券業界から政令指定都市に転職する時の志望動機添削例
  • 市役所事務職(初級)は実体験に基づいたエピソードで攻める
  • 縁もゆかりもない役場の志望動機と自己PRを魅力的にする添削事例
  • 民間から市役所に転職を成功させた私の添削事例を紹介
おすすめの記事
不合格体験記
今回は、Sという 石川県庁に落ちた友人の勉強法について 書いていきます。 Sは地元の信用金庫に勤務していたのですが サービス残業、薄給に耐え...
公務員試験攻略
極端な人は スー過去の演習だけで 公務員試験を乗り切った話を聞きます。 実際、公務員試験は選択問題ばかりなので 問題演習あるのみ!という考え...
公務員試験攻略
市役所、県庁は受験資格に出身地制限がない所がほとんどである。 だが、ネットの掲示板などでは縁もゆかりもない自治体を受けても二次試験で絶対落ち...
モチベーション維持
独学でモチベーションを維持するには 定期的に、モチベーションを向上させる仕掛けが必要です。 仕掛けとは、予備校模試を受けたり C日程や、その...
公務員試験攻略
近年、教養試験のみの自治体が多くなった。 あるいは、専門、教養試験の合格基準点が極端に低くなり(6割程度) 多くの受験生を面接でふるいに分け...