これまで複数の地方自治体を受けてきましたが、どの試験においても
重要度が高いを思われている割に、ほとんど出題されてない科目があります。

それは・・・ミクロ経済の計算問題。

経済科目は計算問題があるので、それを覚えるのに一苦労しますが
配点の比率は断然マクロ経済のほうが高いです。
つまり、マクロ経済の問題数のほうが圧倒的に多いです。

やはり、出題者としては、地方公共団体で公務員として努める以上
一家計、一企業の経済指標を計るミクロ経済よりも、

社会全体の経済指標を計るマクロ経済のほうが重要度が高いと考えているのでしょう。

計算問題に関しては、全てマクロ経済のときもあります。

ですので、時間がない方はミクロ経済の応用計算問題は捨てるという手もあります。

複数の自治体を受験するとわかってきますが
公務員試験は出題範囲が膨大です。

しかし、実際に出題される問題はある程度パターン化しており
それほど範囲が広くないことに気づくでしょう。

おすすめの記事
公務員試験攻略
公務員試験を受けようと決めたはいいけど 公務員試験の 一時筆記科目は 高校で習う5教科7科目全て プラス 大卒の行政職の場合は経済、民法、労...
ご挨拶
現在25歳。 様々な業種を経験してきたけど 自分の住んでいる地方では 公務員の世間体が良いし 自分も30以降 体を壊さずに今の仕事やって...
憲法
公務員試験において、コストパフォーマンス つまり、勉強時間が少ない割に 得点になりやすい科目ですが それは、第一に 憲法です。 憲法は問題が...
面接対策
公務員試験は29歳まで、ほぼ全ての自治体の上級試験を受ける事ができる。 しかし、新卒枠と既卒枠が予め決められており、大体新卒枠6割、既卒枠4...
独立行政法人の非公開求人を知る方法
公務員試験攻略
私が2013年にとある財団法人から内定を貰うことができた 非公開の準公務員、公務員求人情報を知る方法です^^ まず、公務員試験は 国家公務員...
公務員試験攻略
私は先日の記事で 専門科目はほとんど暗記科目と述べた。 しかし、これは まる覚えしろという意味ではない。 経済や民法を少し学習した人はわかる...