これまで複数の地方自治体を受けてきましたが、どの試験においても
重要度が高いを思われている割に、ほとんど出題されてない科目があります。

それは・・・ミクロ経済の計算問題。

経済科目は計算問題があるので、それを覚えるのに一苦労しますが
配点の比率は断然マクロ経済のほうが高いです。
つまり、マクロ経済の問題数のほうが圧倒的に多いです。

やはり、出題者としては、地方公共団体で公務員として努める以上
一家計、一企業の経済指標を計るミクロ経済よりも、

社会全体の経済指標を計るマクロ経済のほうが重要度が高いと考えているのでしょう。

計算問題に関しては、全てマクロ経済のときもあります。

ですので、時間がない方はミクロ経済の応用計算問題は捨てるという手もあります。

複数の自治体を受験するとわかってきますが
公務員試験は出題範囲が膨大です。

しかし、実際に出題される問題はある程度パターン化しており
それほど範囲が広くないことに気づくでしょう。

おすすめの記事
資格は公務員試験において有利となるか
公務員試験攻略
行政職の試験において英語検定、簿記などの資格を所有していると有利となるか 結論からいうと、、、 それほど重視していない自治体が多い。 *学芸...
公務員試験攻略
今年は市役所事務職上級職を3つ受けました。 その結果、どの教養試験においても頻出の問題があることがわかりました。 特に理科系科目は出題範囲が...
民法
民法は法律系科目の中でも 最も難関だと感じている。 だから スー過去から演習してしまうと もう何度も解説を読み直してもわからなくて どつぼに...
公務員試験攻略
公務員試験はどこも29歳まで受けられるようになっている。 しかし、26歳以上のいわゆる高齢受験生は地方公務員試験において不利という情報がネッ...
面接対策
本日、知り合い経由で 元市役所 採用面接を担当していた方に 採用の基準や秘訣などの話を聞く事ができました。 面接は人物重視だから、対策なんて...
30歳で北海道庁に合格した知人の話
合格体験記
平成27年度の北海道庁教育行政に30歳で合格した知人がいたので、その人に話を聞いてみた。 その知人は東京の私立大学(早慶レベル)を卒業後、北...