事務の専門科目で必ず出題される

経済の計算問題。

経済学部以外の学生からすると、未知の記号ばかりで
計算の解法を覚えるのに一苦労します。

そのため、捨てている人が非常に多い。

出題者はそれを逆手にとり、2〜4問ほど必ず出題します。

そして、その計算問題で差が開いてしまうのです。

しかし、怯えることはありません。
私が複数の公務員試験を受けた結果、市役所上級レベルの筆記試験であれば
基礎的な計算問題しか出ないことがわかりました。

そのため、以下の本に出題されている計算問題だけを解き、30パターンほどの解法を覚えればOKです。

経済計算問題

数十問程度であれば、3日間繰り返し解いただけで覚えられます。
高校数学から比べれば、単純な代入法と公式で解けてしまうので、一題あたりの負担の少ないです。

地方上級、国税などは問題の難易度が少し上がりますが、時間がない方は上記の参考書をやるだけでも
効果があります。

関連キーワード
経済の関連記事
  • 経済の計算問題は3日で攻略できる
  • 地方公共団体はマクロ経済が好き?
  • 経済学は難関科目ではない
おすすめの記事
よそ者は市役所採用試験で不利なのか
面接対策
日程が重ならない自治体受験を予定している人は多い。 しかし、縁もゆかりもない市に合格できるか不安に感じていると思う。 よそ者は市役所採用試験...
30歳で北海道庁に合格した知人の話
合格体験記
平成27年度の北海道庁教育行政に30歳で合格した知人がいたので、その人に話を聞いてみた。 その知人は東京の私立大学(早慶レベル)を卒業後、北...
面接対策
公務員試験は29歳まで、ほぼ全ての自治体の上級試験を受ける事ができる。 しかし、新卒枠と既卒枠が予め決められており、大体新卒枠6割、既卒枠4...
公務員試験攻略
私は先日の記事で 専門科目はほとんど暗記科目と述べた。 しかし、これは まる覚えしろという意味ではない。 経済や民法を少し学習した人はわかる...