市役所でつらい仕事とそれを乗り切る経験、技術を面接官にPRする方法

現役の市職員が市役所においてつらい仕事と
それを乗り切ることができる能力をPRする方法を解説している。

市役所は単に事務作業をするだけでなく、
市役所内や市民との調整業務や交渉業務が多い。

基本的に「コミュニケーション能力」「調整力」が求められており
憤慨する市民をうまく落ち着かせ、納得してもらう知識と交渉術が必須である。

もちろん、数年しか社会人経験がない人や、新卒がすぐに上手に対応できるわけではないが
交渉業務が多い市役所において、団体でうまく調整してものごとを成し遂げた経験があれば
それを是非PRして欲しい。

交渉ごとができて、ストレス耐性があることをPRすると
市役所の面接官から見て、魅力的な人材に見えるだろう。

市職員の採用試験は
これまでに偉業を成し遂げた人材を求めているわけではなく
団体でうまくコミュニケーションを図り、成果を出そうとした努力が見える経験があれば
その過程を話すだけでも、実際に交渉する場面が多い市役所で役に立つことができる
イメージを面接官に植え付けることができる。

関連キーワード
公務員の仕事の関連記事
  • 市役所で愛される人材とは
  • 市職員は「縁の下の力持ち」ではなく、最前線で問題を解決するゼネラリスト
  • 市役所に3年間勤めて分かった、市役所で求められる人材
  • 民間の営業力・企画力が市役所業務で重要になってきている
  • あなたが市役所職員になると「○○能力」が試される
  • 補助金獲得は市職員にとってまさに戦争
おすすめの記事
公務員試験攻略
公務員試験はどこも29歳まで受けられるようになっている。 しかし、26歳以上のいわゆる高齢受験生は地方公務員試験において不利という情報がネッ...
公務員試験攻略
公務員試験の試験要項を見ると 教養試験だけでも 数的推理、判断推理、数学、物理、科学、地理、世界史、日本史、生物、地学、政治、経済 そして、...
公務員試験攻略
今年の公務員試験を受けてわかったことだが 市役所上級(事務職)の筆記試験で文学が出題されることはなかった。 歴史などの社会科目はもちろん出題...