あなたが市役所職員になると「○○能力」が試される

市役所職員が働いている様子を市民から見ると
窓口業務や裏方で事務作業をしている光景ばかり見るだろう。

ところが、市職員になると見え方ががらりと変わる。

中には大きな説明会などを抱えて殺伐とした雰囲気になることがあり
その日はまさに戦場だ。

市職員になると説明責任が求められるとよく言われるが
その本当の意味を理解している受験生はほとんどいない。
(というか、実際に体験してみないと本当のつらさをわからない)

その説明責任が求められる重要な場面があなたにも体験できるように
説明動画をアップしたので見て欲しい。

現役職員は遭遇した~能力が試される正念場~

公務員は縁の下の力持ちという言葉もよく用いられるが
それは地味な仕事をするという意味だけではない。

何か大小なり問題が発生したとき
全て対応しなければならないということ。

その業務がつらく精神的に参ってしまう職員もいるが
地域を支えていることを肌で感じる仕事であり
大きなやりがいを感じることもある。

関連キーワード
公務員の仕事の関連記事
  • 市役所で愛される人材とは
  • 市職員は「縁の下の力持ち」ではなく、最前線で問題を解決するゼネラリスト
  • 市役所に3年間勤めて分かった、市役所で求められる人材
  • 民間の営業力・企画力が市役所業務で重要になってきている
  • あなたが市役所職員になると「○○能力」が試される
  • 補助金獲得は市職員にとってまさに戦争
おすすめの記事
公務員が仕事で抱えるジレンマ
公務員の仕事
昨年C日程で市役所に合格した元管理人に、市役所職員の仕事をする上で感じたやりがいや不満点を聞いてみました。 元管理人 私はこのブログを平成2...
経済
これまで複数の地方自治体を受けてきましたが、どの試験においても 重要度が高いを思われている割に、ほとんど出題されてない科目があります。 それ...
公務員試験攻略
近年、教養試験のみの自治体が多くなった。 あるいは、専門、教養試験の合格基準点が極端に低くなり(6割程度) 多くの受験生を面接でふるいに分け...
比較的難易度が優しい自治体はあるか
悩み相談
Q、現在公務員から公務員の転職を考えていますOと申します。  サイトで北陸の自治体が挙げられていますが、比較的難易度が優しいところがあったり...
公務員試験攻略
今年の公務員試験を受けてわかったことだが 市役所上級(事務職)の筆記試験で文学が出題されることはなかった。 歴史などの社会科目はもちろん出題...