市役所や県庁では

教養試験、専門試験、論文のほかに

適性試験というものがあります。

適性試験には2種類ある

1、性格検査(これは対策の必要なし)

2、事務処理能力検査
同じ図形と選ぶ問題や間違え探し、単純な計算問題を延々とさせるものなど

事務処理能力を問うものがあり

もし、それが出題される自治体なら

1冊、適性検査のための参考書に目を通しておいたほうがいいです。

自治体ではどちらの種類も

適性検査という名目しか記載していないので

受験経験者に聞くしかありません。

ちなみに、私が調べた限りでは

60%以上の自治体では

1の性格検査のみで

2の事務処理能力検査まで確認する自治体は少数派です。

おすすめの記事
公務員試験攻略
公務員試験の試験要項を見ると 教養試験だけでも 数的推理、判断推理、数学、物理、科学、地理、世界史、日本史、生物、地学、政治、経済 そして、...
公務員試験攻略
公務員試験はどこも29歳まで受けられるようになっている。 しかし、26歳以上のいわゆる高齢受験生は地方公務員試験において不利という情報がネッ...
面接対策
市役所上級の面接を受けた人は1つ疑問に思っていると思う。 いつ受験者の採点をしているのか・・?と 小さい都市や役場になるほど傾向が顕著に現れ...
予備校の凝縮された問題集をやるべき
公務員試験攻略
専門科目を1ヶ月でマスターするには 以下の2ステップを踏む必要がある。 1、まるごと講義生中継シリーズ、最初でつまづかない経済学など 入門書...
よそ者は市役所採用試験で不利なのか
面接対策
日程が重ならない自治体受験を予定している人は多い。 しかし、縁もゆかりもない市に合格できるか不安に感じていると思う。 よそ者は市役所採用試験...
公務員相談窓口を開設しました
公務員試験攻略
当サイトを訪れる受験生もかなり増えた。 当管理人は市役所試験最終合格実績あり 知り合いには市役所職員、県庁職員が大勢いるので 彼らに代理で相...