市役所や県庁では

教養試験、専門試験、論文のほかに

適性試験というものがあります。

適性試験には2種類ある

1、性格検査(これは対策の必要なし)

2、事務処理能力検査
同じ図形と選ぶ問題や間違え探し、単純な計算問題を延々とさせるものなど

事務処理能力を問うものがあり

もし、それが出題される自治体なら

1冊、適性検査のための参考書に目を通しておいたほうがいいです。

自治体ではどちらの種類も

適性検査という名目しか記載していないので

受験経験者に聞くしかありません。

ちなみに、私が調べた限りでは

60%以上の自治体では

1の性格検査のみで

2の事務処理能力検査まで確認する自治体は少数派です。

おすすめの記事
企画力のある人間は公務員で重宝される
公務員の仕事
「公務員は決められた仕事ばかりで事務処理能力だけが求められる。」 あなたはそんなイメージを持っていないだろうか。 もちろん、税務課などは決め...
市役所面接官も驚く自己PR
面接対策
市役所の面接官の心に刺さるほどの 良い自己PRは、市役所の現場がわかっている人の話を聞くと うまく作ることができる。 そこで、今回は多くの市...
予備校の凝縮された問題集をやるべき
公務員試験攻略
専門科目を1ヶ月でマスターするには 以下の2ステップを踏む必要がある。 1、まるごと講義生中継シリーズ、最初でつまづかない経済学など 入門書...
市と県の違いはどこにあるか
面接対策
市と県どちらを受けるべきか悩んでいる受験生は多いと思う。 ところが、ウェブサイトやパンフレット、職員のインタビュー記事を読んでもいまいち両者...