市役所や県庁では

教養試験、専門試験、論文のほかに

適性試験というものがあります。

適性試験には2種類ある

1、性格検査(これは対策の必要なし)

2、事務処理能力検査
同じ図形と選ぶ問題や間違え探し、単純な計算問題を延々とさせるものなど

事務処理能力を問うものがあり

もし、それが出題される自治体なら

1冊、適性検査のための参考書に目を通しておいたほうがいいです。

自治体ではどちらの種類も

適性検査という名目しか記載していないので

受験経験者に聞くしかありません。

ちなみに、私が調べた限りでは

60%以上の自治体では

1の性格検査のみで

2の事務処理能力検査まで確認する自治体は少数派です。

おすすめの記事
公務員試験攻略
市役所、県庁は受験資格に出身地制限がない所がほとんどである。 だが、ネットの掲示板などでは縁もゆかりもない自治体を受けても二次試験で絶対落ち...
公務員試験攻略
公務員試験は膨大な試験範囲になるので 勉強時間を増やすことはもちろん 無駄な勉強法は絶対にしてはならない。 無駄な勉強法とは以下のもの 1、...
経済
これまで複数の地方自治体を受けてきましたが、どの試験においても 重要度が高いを思われている割に、ほとんど出題されてない科目があります。 それ...
公務員試験攻略
本日、平成26年度の市役所上級筆記試験を受けてきました。 私が受けた自治体は10万人程度の地方都市です。 昨年までは専門試験の配点が200点...
公務員試験攻略
公務員試験はどこも29歳まで受けられるようになっている。 しかし、26歳以上のいわゆる高齢受験生は地方公務員試験において不利という情報がネッ...