今年の7月から

ぼちぼち公務員の勉強を始めたのだが

1つ、大きな失敗をした経験があるので

読者のためにも書こうと思う。

ぜひ、反面教師として参考にして欲しい。

それは・・・

数的推理のスーパー過去問ゼミを

初期の段階で取り組むべきではない!!!

なぜなら、スー過去は

もちろん解説付きだが

解法が数学好きの人のために書かれているため

本番では絶対に思いつかないような

難解な方程式を組み立てて

解いている問題が多い!

私は数的推理 解法の玉手箱を1周したところで

スー過去にとりかかってみたが

理解に時間がかかった。

スー過去は問題が豊富なので

演習するにはもってこいだが

数的が得意でない人は

初期の段階でそれをやると

解説がわからなくて(わかったとしても、難解な方程式で解く方法しか載せられていない。本来、消去法やもっと単純な方法で解ける問題にもかかわらず)

ものすごい時間をロスしてしまうからだ。

素直に、解説が丁寧な参考書を選ぶべし!

例えば、先に挙げた

解法の玉手箱や

畑中邦子のザ・ベストなどですね^^

関連キーワード
数的推理の関連記事
  • 数的推理、判断推理はいかにして解けるようになるか
  • 数的推理のスーパー過去問ゼミは最初にやるべきではない
  • 数的推理は段々苦痛でなくなる
おすすめの記事
適性試験について
市役所や県庁では 教養試験、専門試験、論文のほかに 適性試験というものがあります。 適性試験には2種類ある 1、性格検査(これは対策の必要な...
憲法
公務員試験において、コストパフォーマンス つまり、勉強時間が少ない割に 得点になりやすい科目ですが それは、第一に 憲法です。 憲法は問題が...