私の周りには

何人か公務員試験に合格した方がいるが

合格者全員に共通していることは

一気に参考書をやり終えていること。

例えば、参考書は1冊3日以内に終わらせてしまうということだ。

教養科目、専門科目全ての試験範囲を細かく挙げると

20科目以上になるので

1冊の参考書を1週間かけて

だらだら読み進めていても

一向に終わらないし

最初に学んだことを忘れてしまう。

だから、大学2年で勉強をだらだら始めて不合格な人と

半年前に始めて合格する人が出てきてしまうのだろう。

私も、基本的に買ってしまった参考書は一気にやり終えることにしている。

数的推理の参考書は1日中がっついて勉強すれば、4日以内に必ず終わる。

スー過去は1週間ほどで終わる。

一気に終えて

もう一度復習してと

何度も絵の具を塗り重ねるようにすることがコツだ。

関連キーワード
公務員試験攻略の関連記事
  • 半年で市役所上級試験に合格した勉強法 2018年版
  • 独立行政法人の非公開求人を知る方法
  • 公務員を目指している方は要注意~スーパー公務員を目指してはいけない~
  • 現役公務員に志望動機添削や勉強法を聞くことができるサービス
  • 市役所の筆記試験直前にできること
  • 市外の人が有利になる市役所試験が増加している
おすすめの記事
裏技
私の周りにも 1人、筆記試験なしで公務員になった方がいます。 筆記試験がないので 面接や作文のみということです。 つまり、公務員の筆記試験に...
公務員試験攻略
公務員試験はどこも29歳まで受けられるようになっている。 しかし、26歳以上のいわゆる高齢受験生は地方公務員試験において不利という情報がネッ...
民法
法律系科目の中でも 一番負担が大きい民法。 スー過去でも、民法Ⅰ、民法Ⅱと分かれていて 膨大な問題量になっている。 大学2、3年から対策して...