今日は市役所上級に合格した人に話を聞く事ができたので

その合格体験記を書こうと思う。

その人は大学4年のときに

国家一般職、市役所上級、国家総合職

全てに惨敗し

就活浪人という

悲痛な経験を持った人だ。

もう民間でいいやと考えており

浪人したときには、既に公務員試験が始まる前に民間で内定がもらえたので

駄目もとで市役所上級を受け

その結果
教養試験の結果が5割でも合格したというのだ。

これは、たまたまその市役所のレベルが低かったとか

コネがあったことが原因ではない。

なぜ、合格できたかと言うと

専門試験を50問中46問正解できたからだ。

その人は

市役所上級は
一次試験を専門重視にしている所が多い

仰られた。

確かに、国家一般職や県庁など

配点を公表している自治体は

専門試験の配点が教養試験の倍となっている。

だから、専門だけは

高得点が取れるようになったほうが良い

ということだ。

実際、行政職の専門試験は

民法、経済、憲法など・・・

知識を問う問題ばかりだ。

教養科目のように、数的推理などの知能問題はない。

だから、専門試験が

ぶっちゃけ、全部暗記科目なので

時間さえかければ、誰でも解けるようになる!ということだ。

だから、とにかく

覚えまくるのみ。

暗記すればいいので、単純作業だ。

でも、教養試験、専門試験には

3割?ほどの最低点が設けられているのでご注意。

関連キーワード
合格体験記の関連記事
  • 学歴を気にする必要はない~美容系専門学校から事務職公務員になったお話~
  • 転職回数が多い社会人が県庁に合格した面接術
  • 30歳で北海道庁に合格した知人の話
  • 教養試験の結果が最悪でも合格した人
おすすめの記事
公務員試験攻略
公務員試験はどこも29歳まで受けられるようになっている。 しかし、26歳以上のいわゆる高齢受験生は地方公務員試験において不利という情報がネッ...
民法
民法は法律系科目の中でも 最も難関だと感じている。 だから スー過去から演習してしまうと もう何度も解説を読み直してもわからなくて どつぼに...
面接対策
市役所上級の面接を受けた人は1つ疑問に思っていると思う。 いつ受験者の採点をしているのか・・?と 小さい都市や役場になるほど傾向が顕著に現れ...
経済
これまで複数の地方自治体を受けてきましたが、どの試験においても 重要度が高いを思われている割に、ほとんど出題されてない科目があります。 それ...