現役職員が語る「市役所採用面接で失敗したこと」

市役所は民間企業と異なり、多種多様な業務があり
さらに利益を追従するだけでなく、公共福祉の観点も考慮して政策を考える必要があることから
求めている人物を把握しづらい点がある。

そのため、行政から見た視点と市民から見た視点で
重点的に取り組むべき業務も異なってくる。

あなたが市民から見た視点だけで
行政が取り組むべきことを考えていないか気をつける必要がある。

なぜなら、下記の動画の職員は
1回目に受験した自治体で、一部の市民から見て重点的に取り組むべきことを
アピールしすぎて、市長や行政の考えと隔りが生じ、面接で落ちてしまった経験があるからだ。

この動画で解説していることを反面教師にして、
行政から見た視点に合わせて面接に挑んで欲しい。

関連キーワード
面接対策の関連記事
  • 市役所が絶対欲しい!と思う社会人の自己PR術
  • 市民のために精一杯働くことをアピールしても意味ない?
  • 【中途採用対策】銀行、証券業界から政令指定都市に転職する時の志望動機添削例
  • 市役所事務職(初級)は実体験に基づいたエピソードで攻める
  • 縁もゆかりもない役場の志望動機と自己PRを魅力的にする添削事例
  • 民間から市役所に転職を成功させた私の添削事例を紹介
おすすめの記事
公務員試験攻略
本日、平成26年度の市役所上級筆記試験を受けてきました。 私が受けた自治体は10万人程度の地方都市です。 昨年までは専門試験の配点が200点...
公務員試験攻略
自分は数的が得意だから 数的満点狙う!と意気込む受験生がいます。 私の経験上 1科目が得意だからと 集中して勉強するのはいいことですが 満点...
公務員試験攻略
今年は市役所事務職上級職を3つ受けました。 その結果、どの教養試験においても頻出の問題があることがわかりました。 特に理科系科目は出題範囲が...
民法
法律系科目の中でも 一番負担が大きい民法。 スー過去でも、民法Ⅰ、民法Ⅱと分かれていて 膨大な問題量になっている。 大学2、3年から対策して...
ご挨拶
現在25歳。 様々な業種を経験してきたけど 自分の住んでいる地方では 公務員の世間体が良いし 自分も30以降 体を壊さずに今の仕事やって...