公務員の面接試験で求められる人材について市の職員に聞いてみた

当サイトでは面接試験対策の質問を受けることが大変多いので
今一度、公務員に求められている人物像について

市の職員にインタビューしました。

まず、公務員は過去に優れた実績を持っている人や、特別な企画力を持つ人だけを求めている
わけではない。

実績や企画力があっても、基本的なコミュニケーション能力がない人は落ちる。

では、コミュニケーション能力とは何か。

それは、市民や企業、そして職場の人に対して
情報収集を行い、情報を適切にまとめて、職場で連携し、意思を発信する能力である。

例えば、市民課の窓口業務においては
1.市民からの質問・要望を聞く(情報収集)
2.自分で適切にその質問・要望をまとめる(分析・調整)
3.その質問・要望に対応できる担当者ににその要望を伝えて情報共有する(連携)
4.市民に対して回答する(発信)

商工課においても
1.企業からの質問・要望を聞く(情報収集)
2.自分で適切にその質問・要望をまとめる(分析・調整)
3.その質問・要望に対応できる担当者にその質問・要望を伝えて情報共有する(連携)
4.企業に対して回答する(発信)

市役所はどこの課にいっても
まずは「情報収集」、「分析・調整」、「連携」、「発信」の4つの能力が大前提の基礎能力として必要となる。
この4つの能力を総称して「コミュニケーション能力」と言う。

あなたが自己PRに悩んでいるなら
この4つの能力が求められていることを意識して
「情報収集」、「分析・調整」、「連携」、「発信」した経験を書くと良い。
例えば、単なる接客アルバイト経験でも
注文を聞く→注文内容をまとめる→厨房に注文内容を伝える→厨房からお客さんまで料理を運ぶ
と4つの能力を活かす場面になっている。

既卒の場合
営業経験などより難易度の高い業務をこなしてきた
経験を語ることになる。

知識、技術は繰り返し業務を行うことで誰でも覚えていくことができる。

自分に特別な実績がないと卑下する必要は全くないので
着実に業務を処理できるコミュニケーション能力があることをしっかり伝えられる
自己PRの作成に励んで欲しい。

関連キーワード
面接対策の関連記事
  • 【中途採用対策】銀行、証券業界から政令指定都市に転職する時の志望動機添削例
  • 市役所事務職(初級)は実体験に基づいたエピソードで攻める
  • 縁もゆかりもない役場の志望動機と自己PRを魅力的にする添削事例
  • 民間から市役所に転職を成功させた私の添削事例を紹介
  • 市職員の醍醐味(だいごみ)とは「予算の獲得」
  • 現役市職員が語る「学生時代頑張ったこと・これまで頑張ったことのPR方法」
おすすめの記事
市と県の違いはどこにあるか
面接対策
市と県どちらを受けるべきか悩んでいる受験生は多いと思う。 ところが、ウェブサイトやパンフレット、職員のインタビュー記事を読んでもいまいち両者...
面接対策
本日、知り合い経由で 元市役所 採用面接を担当していた方に 採用の基準や秘訣などの話を聞く事ができました。 面接は人物重視だから、対策なんて...
公務員試験攻略
独学する上で 最も厄介なこと それは 解説を読んでもわからない問題に出会ってしまった場合だ。 特に、経済、数的推理、判断推理に そういった問...
経済
事務の専門科目で必ず出題される 経済の計算問題。 経済学部以外の学生からすると、未知の記号ばかりで 計算の解法を覚えるのに一苦労します。 そ...