公務員試験において、コストパフォーマンス

つまり、勉強時間が少ない割に

得点になりやすい科目ですが

それは、第一に

憲法です。

憲法は問題が簡単な割に

出題数が多いので

短時間で、高得点を取ることができます。

逆に、勉強にものすごく頭を使うのが

民法、経済、数的判断推理です。

これら3科目から始めて

挫折しそうなら

憲法など簡単で

出題数の多い科目から勉強してみるのも

戦略です。

憲法に関しては、難解な用語や概念がないので

いきなりスー過去や問題集から始めても

問題ないと思っています。

私は以下の参考書を使っていますが

憲法参考書

憲法は問題集から始めても、問題ないとわかりました。

左の「よくわかる憲法」は基本書なので、時間があるときに読み物として利用しています。

元市役所採用面接官を経験された方から、面接試験に合格できる基準をお聞きしました。

また、私が財団法人に内定をもらうことできた公務員、準公務員の非公開求人を知る方法も限定配信しています。


元市役所面接官が語る採用の秘訣

関連キーワード
憲法の関連記事
  • コストパフォーマンス最高の科目
おすすめの記事
企画力のある人間は公務員で重宝される
公務員の仕事
「公務員は決められた仕事ばかりで事務処理能力だけが求められる。」 あなたはそんなイメージを持っていないだろうか。 もちろん、税務課などは決め...
民法
民法は法律系科目の中でも 最も難関だと感じている。 だから スー過去から演習してしまうと もう何度も解説を読み直してもわからなくて どつぼに...
市役所の筆記試験直前にできること
公務員試験攻略
今年の公務員試験A日程がいよいよ迫ってきた。 そこで、現役市職員が筆記試験の直前期に効果があった勉強法を紹介する。 基本的に、過去問を解きま...
裏技
私の周りにも 1人、筆記試験なしで公務員になった方がいます。 筆記試験がないので 面接や作文のみということです。 つまり、公務員の筆記試験に...