市役所職員に本当に求められている能力とは

市役所職員はスペシャリストではなく、ジェネラリストと言われる。

スペシャリストは1つの領域に特化した専門家であり、
ジェネラリストとは広範囲に分かる広い知識を持ち総合的に業務をこなすプロである。

つまり、プロデューサーと同じような意味である。

一見、市職員の仕事は3年で部署異動となり
浅く広く一般事務と同じような仕事をしている印象だが

実際、大半の職員は市民要望、内部組織、業務委託業者の調整を適切に行い
業務をこなしていることが多い。

コミュニケーション能力が必要なことは確かだが、
より具体的に市職員に求められている能力を述べると
「調整力」が重要である。

あなたが市職員になると実感すると思うが

公務員は板挟みになる場面が多々ある。

例えば、市民から危険な状態にある空き家をどうにかして欲しいと要望を受けて
適切に対処すると回答したが、実際にはその空き家は危険空き家に該当するほど損傷が激しい状態ではなく
市民の要望に応えられない場合などである。

そのような場面では、市民の感情を逆なでしないように回答する調整力が必要になる。

面接の自己PRでは
仕事、バイト、部活、サークルなどで
様々な要望を考慮しながら、適切に調整できた場面をPRすると
面接官の心に刺さる可能性が高い。

関連キーワード
公務員の仕事の関連記事
  • 市役所で愛される人材とは
  • 市職員は「縁の下の力持ち」ではなく、最前線で問題を解決するゼネラリスト
  • 市役所に3年間勤めて分かった、市役所で求められる人材
  • 民間の営業力・企画力が市役所業務で重要になってきている
  • あなたが市役所職員になると「○○能力」が試される
  • 補助金獲得は市職員にとってまさに戦争
おすすめの記事
公務員試験攻略
近年、教養試験のみの自治体が多くなった。 あるいは、専門、教養試験の合格基準点が極端に低くなり(6割程度) 多くの受験生を面接でふるいに分け...
公務員試験攻略
独学する上で 最も厄介なこと それは 解説を読んでもわからない問題に出会ってしまった場合だ。 特に、経済、数的推理、判断推理に そういった問...
公務員試験攻略
事務職上級の専門試験は政治、法律科目全般(政治学、会計学、社会政策、社会学、国際関係、憲法、行政法、民法、刑法、労働法)と経済科目全般(経済...