市民から見た視点と行政から見た視点で重視すべき業務が異なるので、行政職員から意見を聞いて、行政の視点を考えた上で面接に挑むべきである。