自分は数的が得意だから

数的満点狙う!と意気込む受験生がいます。

私の経験上

1科目が得意だからと

集中して勉強するのはいいことですが

満点に固執するのは危険です!

なぜなら

試験問題というのはうまくできていて

数的推理、経済、文章理解など

問題数が多い科目は基本問題から

満点防止とも言えるような難解な問題まで出題されるので

特定科目の専門家よりも

浅く広く知識を持っている人のほうが

公務員試験では高く得点がとれるようにできています。

実際、私は英語が大得意ですが

だからといって、文章理解の英語を満点取ろう!と意気込むのではなく

広く、満遍なく

全科目の知識が身に付くように学習しています。

基本書

今年の7月から学習を始めて、これまで取り組んだ参考書たち。

まだ来年の試験まで時間があるので、基本書から始めています。

数的推理のスー過去を始めた結果、とても非効率になってしまった経験があるので・・・

関連キーワード
公務員試験攻略の関連記事
  • 市役所の筆記試験が教養だけの場合、どこを鍛えるべきか
  • 半年で市役所上級試験に合格した勉強法 2018年版
  • 独立行政法人の非公開求人を知る方法
  • 公務員を目指している方は要注意~スーパー公務員を目指してはいけない~
  • 現役公務員に志望動機添削や勉強法を聞くことができるサービス
  • 市役所の筆記試験直前にできること
おすすめの記事
民法
法律系科目の中でも 一番負担が大きい民法。 スー過去でも、民法Ⅰ、民法Ⅱと分かれていて 膨大な問題量になっている。 大学2、3年から対策して...
資格は公務員試験において有利となるか
公務員試験攻略
行政職の試験において英語検定、簿記などの資格を所有していると有利となるか 結論からいうと、、、 それほど重視していない自治体が多い。 *学芸...
企画力のある人間は公務員で重宝される
公務員の仕事
「公務員は決められた仕事ばかりで事務処理能力だけが求められる。」 あなたはそんなイメージを持っていないだろうか。 もちろん、税務課などは決め...