極端な人は

スー過去の演習だけで

公務員試験を乗り切った話を聞きます。

実際、公務員試験は選択問題ばかりなので

問題演習あるのみ!という考え方も理解できます。

しかし、私は

よほど時間がない場合を除いて

基本書を読むべきです!

なぜなら、

第1にずっと問題集ばかり解き続けるのは

かなり疲れる。

知らない専門用語ばかりだと

全然問題が理解できなくて

ストレスが溜まります。

第2に、TACの実況中継シリーズをはじめ

最近の語り口調の基本書は大変わかりやすく

体系的に知識を身につけられるので、理解が早まる。

未知の問題に出会った場合でも

どのように考えるか

考え方自体を教わることもできます。

関連キーワード
公務員試験攻略の関連記事
  • 市役所の筆記試験が教養だけの場合、どこを鍛えるべきか
  • 半年で市役所上級試験に合格した勉強法 2018年版
  • 独立行政法人の非公開求人を知る方法
  • 公務員を目指している方は要注意~スーパー公務員を目指してはいけない~
  • 現役公務員に志望動機添削や勉強法を聞くことができるサービス
  • 市役所の筆記試験直前にできること
おすすめの記事
公務員試験攻略
今年は市役所事務職上級職を3つ受けました。 その結果、どの教養試験においても頻出の問題があることがわかりました。 特に理科系科目は出題範囲が...
不合格体験記
今回は、Sという 石川県庁に落ちた友人の勉強法について 書いていきます。 Sは地元の信用金庫に勤務していたのですが サービス残業、薄給に耐え...
市役所で愛される人材とは
公務員の仕事
市役所は民間企業と異なり、数値化しにくい仕事が多い。 そのため、頑張っても評価されるか不明だし、どのような人が上司から気に入られるかわからな...