極端な人は

スー過去の演習だけで

公務員試験を乗り切った話を聞きます。

実際、公務員試験は選択問題ばかりなので

問題演習あるのみ!という考え方も理解できます。

しかし、私は

よほど時間がない場合を除いて

基本書を読むべきです!

なぜなら、

第1にずっと問題集ばかり解き続けるのは

かなり疲れる。

知らない専門用語ばかりだと

全然問題が理解できなくて

ストレスが溜まります。

第2に、TACの実況中継シリーズをはじめ

最近の語り口調の基本書は大変わかりやすく

体系的に知識を身につけられるので、理解が早まる。

未知の問題に出会った場合でも

どのように考えるか

考え方自体を教わることもできます。

関連キーワード
公務員試験攻略の関連記事
  • 半年で市役所上級試験に合格した勉強法 2018年版
  • 独立行政法人の非公開求人を知る方法
  • 公務員を目指している方は要注意~スーパー公務員を目指してはいけない~
  • 現役公務員に志望動機添削や勉強法を聞くことができるサービス
  • 市役所の筆記試験直前にできること
  • 市外の人が有利になる市役所試験が増加している
おすすめの記事
面接対策
公務員試験は29歳まで、ほぼ全ての自治体の上級試験を受ける事ができる。 しかし、新卒枠と既卒枠が予め決められており、大体新卒枠6割、既卒枠4...
公務員試験攻略
市役所、県庁は受験資格に出身地制限がない所がほとんどである。 だが、ネットの掲示板などでは縁もゆかりもない自治体を受けても二次試験で絶対落ち...
市と県の違いはどこにあるか
面接対策
市と県どちらを受けるべきか悩んでいる受験生は多いと思う。 ところが、ウェブサイトやパンフレット、職員のインタビュー記事を読んでもいまいち両者...