syukatsu_group_mensetsu

Q、現在公務員から公務員の転職を考えていますOと申します。
 サイトで北陸の自治体が挙げられていますが、比較的難易度が優しいところがあったりするのでしょうか。
 よろしくお願いします。

A、基本的に、筆記試験の難易度はざっくり言うと以下のとおりである。
 優しい 市役所(県庁所在地除く)、役場、国家一般職
 普通 県庁、市役所(県庁所在地)
 難しい 国家総合職

基本的に人口の少ない市役所や役場の受験者より県庁、大都市の市役所のほうが高学歴である。
そのため、必然的に筆記試験の難易度も上がる。

しかし、田舎の役所であればあるほど
コネが強くなる。

その結果、実力枠が少なくなり
限られた実力枠を大勢の受験生で争うことになる。

要は、縁もゆかりもない小規模の自治体を受験する場合は
コネ要素が強く県庁や大都市の市役所とは違う難易度がある。

一概に、この自治体が穴場と断言することはできない。
また、同じ自治体でも毎年倍率、募集人数が異なるので
穴場の自治体を狙うことは困難である。
試験が終わって初めて
この自治体が倍率が低かったとわかるぐらいである。


筆記対策をする時間が十分にない場合は
とりあえず、筆記試験が通過できる小規模な自治体を狙うことも1つの手段である。

他に悩み相談ある方は
試験に関する相談なら何でも受け付けるので、
ぜひ活用してほしい。

securedownload
上記のQRコードを読み取るか、こちらをクリックしてください。