転職回数が多い社会人が県庁に合格した面接術


本日は、転職回数が多い社会人が
ある県庁の技能職に合格した話を書こうと思う。

基本的に、社会人採用の場合
公務員試験においても転職回数が多い人は不利である。

なぜなら、やめ癖がある人と思われるからだ。

自分はそうではないと主張しても、面接官は面識もない他人であり
自分が面接する立場なら、これまでの経歴を見て
転職回数が多くキャリアに一貫性がない人はやめられてしまうと思い採用しないだろう。

県庁の技能職に合格した彼も
面接官から、
転職回数が多く、定年まで働いて欲しいのに
長く働いてくれるか疑問だと突っ込まれたらしい。

そこで、彼が言ったことは
「確かに、自分はこれまで一貫性がなく様々な業種を転々としてきた。
しかし、今は子供も妻もいて、簡単にやめるわけにはいかない。貴庁で生涯働く所存です」

と自分のキャリアの欠点を潔く認めた上で、
真剣なまなざしで面接官に回答した。

それを聞いて、面接官はうなずき
彼は合格を確信したらしい。

結果、内定を勝ち取ることに成功した。

転職回数が多いからと悲観せずに
細かい面接テクニックに踊らされることなく
面接に挑んで欲しいと思う。

面接には様々な小手先のテクニックが存在するが
結局、人とのコミュニケーションなので
転職回数が多い受験生は

それを潔く認めた上で
生涯働くと面接官が納得できる理由を
真剣なまなざしで答えることが一番だと思う。

関連キーワード
合格体験記の関連記事
  • 学歴を気にする必要はない~美容系専門学校から事務職公務員になったお話~
  • 転職回数が多い社会人が県庁に合格した面接術
  • 30歳で北海道庁に合格した知人の話
  • 教養試験の結果が最悪でも合格した人
おすすめの記事
予備校の凝縮された問題集をやるべき
公務員試験攻略
専門科目を1ヶ月でマスターするには 以下の2ステップを踏む必要がある。 1、まるごと講義生中継シリーズ、最初でつまづかない経済学など 入門書...
経済
これまで複数の地方自治体を受けてきましたが、どの試験においても 重要度が高いを思われている割に、ほとんど出題されてない科目があります。 それ...
公務員試験攻略
今年の公務員試験を受けてわかったことだが 市役所上級(事務職)の筆記試験で文学が出題されることはなかった。 歴史などの社会科目はもちろん出題...
企画力のある人間は公務員で重宝される
公務員の仕事
「公務員は決められた仕事ばかりで事務処理能力だけが求められる。」 あなたはそんなイメージを持っていないだろうか。 もちろん、税務課などは決め...