法律系科目の中でも

一番負担が大きい民法。

スー過去でも、民法Ⅰ、民法Ⅱと分かれていて

膨大な問題量になっている。

大学2、3年から対策している人がないとやりきれないほどの分量だ。

通常は半年〜1年の対策期間しかないので

民法を暗記しようとすると自滅する。

だから、民法を攻略するには

この4冊セット

民法攻略4冊

民法まるごと講義生中継ⅠとⅡ

そして、郷原豊茂の
民法過去問まるごと講義生中継ⅠとⅡである。

これらの本の内容を覚えれば

民法の基礎は十分出来上がる。

それに、民法は

常識的に考えて省ける選択肢も多いので

社会常識とこれらの本の知識があれば

国家2種や市役所レベルなら太刀打ちできる。

たった4冊で済むなら

軽い軽い!と少しは楽に思えるだろう。

関連キーワード
民法の関連記事
  • 民法を15日で攻略する方法
  • 底なし沼の民法を最短攻略するには
  • 民法をマスターするには
おすすめの記事
民法
この勉強法は誇張でもなく、本当に15日で民法を合格者レベルまで押し上げてしまいます。 私が身を以て成果を出すことができたので、その勉強方法を...
面接対策
一次の筆記試験を通過すると 次は個別面接が必ず控えています。 公務員は筆記試験で大勢がふるいに落とされるので 民間と比較して、面接を甘く見が...
公務員試験攻略
私は先日の記事で 専門科目はほとんど暗記科目と述べた。 しかし、これは まる覚えしろという意味ではない。 経済や民法を少し学習した人はわかる...