民法は法律系科目の中でも

最も難関だと感じている。

だから

スー過去から演習してしまうと

もう何度も解説を読み直してもわからなくて

どつぼにハマってしまう。

民法は基本書から始めるしかない

郷原の民法実況中継

私は郷原先生の民法講義生中継Ⅰ、Ⅱを愛用している。

両巻合わせて600ページほどだが、時間の合間に集中して読めば1週間で読破できる。

それを読み切ると、基本的な民法の考え方がわかって

過去問を読んでも、難解が単語の意味がわかり、すらすら読めるようになった。

民法講義生中継の次はこれ

民法過去問まるごと講義生中継

民法過去問まるごと講義生中継シリーズだ。

解説がとても丁寧で

問題の分量もちょうど良い。

スー過去は民法Ⅰ、Ⅱと分かれており

両巻合わせると膨大な問題量となるので

時間のある受験生以外にはお勧めできない。

元市役所採用面接官を経験された方から、面接試験に合格できる基準をお聞きしました。

また、私が財団法人に内定をもらうことできた公務員、準公務員の非公開求人を知る方法も限定配信しています。


元市役所面接官が語る採用の秘訣

関連キーワード
民法の関連記事
  • 民法を15日で攻略する方法
  • 底なし沼の民法を最短攻略するには
  • 民法をマスターするには
おすすめの記事
公務員試験攻略
私は先日の記事で 専門科目はほとんど暗記科目と述べた。 しかし、これは まる覚えしろという意味ではない。 経済や民法を少し学習した人はわかる...
民法
法律系科目の中でも 一番負担が大きい民法。 スー過去でも、民法Ⅰ、民法Ⅱと分かれていて 膨大な問題量になっている。 大学2、3年から対策して...