今回は、Sという

石川県庁に落ちた友人の勉強法について

書いていきます。

Sは地元の信用金庫に勤務していたのですが

サービス残業、薄給に耐えられず

半年前から

仕事が終わった後


21時から0時まで

夜はずっと勉強していたようです。

金融業の営業までやらされていたのに

さらに、夜間に集中するという意気込みは

誰よりも勝っていたことでしょう。

しかし、結果は

教養、専門試験が6割しか取れず

落ちてしまいました。

後に、Sからどのような勉強法をしていたのか

話を聞いたところ

過去問のみ実践していた。

とのことです・・・

先に、出題範囲や問題に慣れておくために

過去問演習は大事ですが

経済、民法など

専門家科目を基礎知識もなく

理解しないまま問題を解き続けたため

彼は本番で点数を取ることができなかったのです。

やはり、公務員は

独学でやるなら

参考書選びで

運命が変わるのではないでしょうか。

おすすめの記事
民法
法律系科目の中でも 一番負担が大きい民法。 スー過去でも、民法Ⅰ、民法Ⅱと分かれていて 膨大な問題量になっている。 大学2、3年から対策して...
公務員試験攻略
今年は市役所事務職上級職を3つ受けました。 その結果、どの教養試験においても頻出の問題があることがわかりました。 特に理科系科目は出題範囲が...
公務員試験攻略
公務員試験はどこも29歳まで受けられるようになっている。 しかし、26歳以上のいわゆる高齢受験生は地方公務員試験において不利という情報がネッ...
数的推理
私は数的推理が 大の苦手だ。 英語は大学受験のときに頑張ったので、文章理解はある程度解けるが 数的推理は 問題を見て愕然とするしかなかった。...
市役所面接官も驚く自己PR
面接対策
市役所の面接官の心に刺さるほどの 良い自己PRは、市役所の現場がわかっている人の話を聞くと うまく作ることができる。 そこで、今回は多くの市...